デジゲー博2019出展の感想

デジゲー博2019に出展しました!
出展したゲームは富山ラーメンXです。

今回はそれの簡単な感想を書いていこうと思います。(数ヶ月前のことだからあんまり覚えていない。。。)

①同人、インディーゲーム好きってこんなにいるんだ!

田舎者の自分は、このようなイベントに出展どころか行ったことすら無かったです。
デジゲー博に参加する前は、自分にとっての同人ゲーム界隈とはつくるUOZUが全てでした。(つくるUOZUとは、富山県魚津市のゲームクリエイター育成プロジェクトです)
なので、規模感を全く分かってなかったです。
実際に参加してみると、出展する側も遊ぶ側も想像の3倍以上の人数でした。
自分の中の同人ゲーム世界が一気に広がりました。
これだけの規模があるならもっと楽しいことが出来そうだし、もっと色々なことも出来そうだと思いました。
RPG的にいえば、「このゲームのマップ広っ!いろんなところに行けるし、いろんな要素あるやん!」という感じです。
同人ゲーム世界は一本道(FF13)ではなく、オープンワールド(FF15)でした。

②ゲーム好きからのフィードバックをたくさんもらえた!

ゲームを出展するのは〇〇魚津で経験しています。
しかしそれはあくまでいろいろな物があるイベントで、ゲーム出展はそのいろいろある物の中の一つでした。
したがって、遊んでくれる方の層もまばらでした。(しいて言えば子供連れが多かった)
デジゲー博はまさにゲームイベントなので必然的にゲーム好きが集まります。
目が肥えている人にはどのように映るのか少し不安でしたが、概ね好評だったので良かったです。
〇〇魚津で、子供にうけるというのは分かっていたのですが、大人にも同様にうけたというのが大きな収穫でした。

まとめ

参加してとても良かったです。
参加する前はなんとなくゲームを遊んでもらって、なんとなく終わるのかなくらいに思っていましたが、大きな収穫がありました。
ゲームづくりのモチベーションになったのは間違いありません。
きっとこのブログの更新が遅れたのも、ゲームづくりのモチベーションが高かったからだと思います。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です