Androidアプリがストアから削除された話と解決策

ある日突然、Googleから一通のメールが届きました。
そこには、

審査の結果、 富山ラーメンX(アプリ名)は、Google Play ポリシーに違反していると判断されたため、Google Play ストアから削除されました。このアプリは、
ポリシーに準拠するアップデートをご送信いただくまで、ユーザーに配布、販売されなくなりますのでご了承ください。
削除の理由:  Android 広告 ID の使用ポリシー及び Google Play デベロッパー販売 / 配布契約 4.8 への違反
アプリが個人情報や個人情報や機密情報を扱う場合、有効なプライバシーポリシーを掲載して頂く必要があります。
お客様のアプリは Android 広告 ID の収集及び転送を行うことが確認されましたので、プライバシーポリシーを掲載して頂く必要があります。
アプリが Android 広告 ID の収集を行う場合、有効なプライバシーポリシーを Play コンソールの所定の箇所及びアプリ内に掲載して頂く必要があります。
プライバシーポリシーの中でユーザープライバシーについて明記し、URL が有効であることをご確認ください。
必要な対応: プライバシーポリシーをストアの掲載情報及びアプリ内に追加してください

と記されていました。
そして現に、Playストアを見てみるとアプリが削除されていました。
今回は、これをどう解決したかを記したいと思います。

原因

メールに書かれているように、個人情報等を扱う場合にはプライバシーポリシーを掲載する必要がありました。
具体的には、AdMobの使用がここに引っかかりました。

解決策

これまたメールに書かれているように、プライバシーポリシーをストアの掲載情報及びアプリ内に追加することです。
人生においてプライバシーポリシーを書いた経験など無いので、他サイト様を参考にこのようにしました。(富山ラーメンXのプライバシーポリシー)
ストアの掲載情報に追加するときは、Google Play Consoleのストアでの表示→ストアの掲載情報→プライバシーポリシーの欄に掲載することで、追加できます。
記載後に、ページの下の方にある「アップデートを送信」を押します。
アプリ内には、上記のページへのリンクを張りました。
そして、新しいapkファイルを登録し、リリースしました。
翌日くらいにはアプリが再公開されました。(実際には自分のケースだと、レーティングにも修正点があったので、すこし別の作業が挟まれましたが。)

戸惑った点

これが一番書きたかったのですが、apkファイルを登録し、送信した後も、Google Play Console内のアプリの表示が「削除済み」になっていました。
おそらく再審査をしていると思われますが、「審査中」のようにならずに不安でした。
ただ、いきなり再公開されたので、特に問題はありませんでした。

まとめ

まあ、なんとかなる。

Follow me!